雑草を刈る

postheadericon 便利屋を使おう

一方、草むしりは一般的に道具などを使わず、人の手で草を根っこごと引き抜きます。
おもだった根を取り除くことができるので、刈り取る作業に比べて再び生えてくるまでの時間をかせぐことができます。
とはいえ細い草でも根を張っているものを引き抜くのは大変ですし、草むしり中にダニなどの虫に刺されないよう注意も必要です。
剪定は主に灌木などに対して行われるもので、木の除去ではなく見た目を美しく整えることが目的です。
そのため他の雑草除去とは違い、作業する人にはある程度剪定の経験が求められます。

草刈り・草むしりを請け負う便利屋は多くありますが、剪定に関しては熟練者を多く抱える高齢者人材サービスなどがやはり強いと言えるでしょう。
仕上がりの出来ばえも、作業する人の経験とセンスによって大きく変わります。
草木の除去は大変な作業ですが、緑と付き合っていくためには必要不可欠です。
業者などの力を上手に借りて美しい緑を楽しみましょう。

牛を使った草刈り

postheadericon 草の手入れをする必要性

日差しを浴びて光る草木の緑を眺めるのは気持ちのいいことです。
ですが、それらの緑は放ったままにしておくと、どんどん茂って手が付けられなくなるばかりか、害虫などの発生を招いてしまいます。
そこで草刈りや草むしり、剪定を行うわけですが、それらの作業の違いについて皆さんはご存知でしょうか。
草刈りは、鎌や草刈り機など道具や機械を用いて草を取り除く作業を指します。

基本的に土より上に生えている草や灌木を刈り取るので、作業は早く済みますが根が残っているため、しばらくするとまた草木は生えてきます。
そのため、頻繁な作業が必要が必要になります。

草刈りを見る男の子

postheadericon 上手に刈る方法

草むしりでもよく根についた土をその場で落とす方もおられますが,土を落とすときにその雑草の根もいっしょに落としてしまいまたその雑草を生えさせることにつながることから,草むしりをしたあと,そのまま土ごと処分をする方法をとる方もおられます。

草刈りの場合なるべく深く刈って可能な場合は少し土を削るつもりで草刈りをされると,根こそぎとれることもあります。
また藤棚なども草刈り機で刈っておくとあとの剪定が楽になります。
この草刈り機をヘッジトリマー代わりに利用して剪定に利用すると,今まで剪定で時間がかかっていたのがとても短時間ですむようになるでしょう。

草刈り機

postheadericon 効果的な方法

どうしてもという方は薬品で草を枯らせる方法をとる場合もありますが,この方法は毒性も強く周りへの影響も大きいことがあり,日ごろはあまりとられません。

そこで草刈りをされる方が多いようですが,いろいろな植物の剪定を兼ねてされる場合はわかりますが,どうしても草刈りでは,根こそぎ雑草をとっていないので雨が降ると2,3日で元通りに近い状態に戻ることもありえます。
やはり時間がかかっても草むしりが効果大きいようです。

草を刈る女の子

postheadericon 作業が難しい時期

梅雨時になると暑くなってきて雨もよく降り,植物にとって好都合であり,雑草がよく伸びるときで,ちょっと目を離しておくとすぐに雑草まみれになってしまうこのごろですが,多くの方がこの対策に悩んでおられるのではないでしょうか。

手っ取り早い方法としては草刈りをされる方が多いようです。
草むしりをされる方もおられますが,とても時間がかかる上雨あがりの後でない限り、土がとても固くなっていてなかなか草がとれなくて剪定で苦労することが多いです。

カテゴリー
アーカイブ
カレンダー
September 2014
M T W T F S S
« Jul    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930